湯シャンの効果とそのやり方は?抜け毛やニオイべたつきを抑える方法

湯シャンの効果とそのやり方は?抜け毛やニオイべたつきを抑える方法
スポンサーリンク

こんにちは、ゆのすけです。

以前の記事では、「市販されているシャンプーが危ない」「石鹸シャンプーがオススメ」 ……という話をしました。

石鹸シャンプーの危険性・デメリットは?かゆみやハゲ・薄毛への影響

 

けれど、石鹸シャンプーは確かにオススメなのですが、石鹸は洗浄力が高いために頭皮が乾燥してしまう可能性があるんです。

なので、私は石鹸シャンプーと並行して、髪をお湯だけで洗う『湯シャン』をすることをオススメしています。

 

湯シャンと言えば、芸能人やセレブたちも実行しているということで以前よりは認知度が上がってきています。

とはいえ『お湯だけで洗うなんて臭いやべたつきが気になる……』という意見も多いはずです。

そこで、湯シャンへの切り替えに成功した私が、湯シャンをやることで得る効果と、成功しやすいやり方についてご説明します。

スポンサーリンク

正しい湯シャンの方法

湯シャンのやり方を簡単に説明すると、

・湯シャン前のブラッシングは必須
・温度は出来ればぬるま湯で
・シャンプーブラシを使うとやりやすい

……と、こんな感じです。

 

ブラッシングをすることで、髪についたホコリを取ったり汚れを浮かすことが出来るので、その後の洗髪が楽になります。

そしてお湯は少しぬるめのお湯で。目安は35度から36度くらいです。

なぜこの温度かというと……
私達の体温は大体36~37度ですよね。でも皮膚表面の温度は体内の温度より少し低い34~35度なんです。

皮脂はこの34~35度の温度で、私達の毛穴から液状で出てきます。
なので、この34~35度以上の温度のお湯であれば、皮脂をきちんと洗い流すことが出来るわけですね。

 

前述の通り、温めのお湯でしっかりと地肌から洗髪します。
シャンプーブラシで髪の流れを整えつつ、指の腹で頭皮を擦ったりマッサージするように全体を流していく …という感じです。

ちなみに私は湯シャンの仕上げとしてクエン酸リンスをしています。その方が髪の指通りが良くなりますよ。

もしも湯シャン挑戦し始めで、どうしてもベタベタする時は、ちょっと熱めのお湯で洗髪するか、ブラッシングで落ち着かせるのも良いですね。

 

ちなみにシャンプーブラシはこれを使っています。

こういったブラシが一つあるだけで、石鹸シャンプーも湯シャンもやりやすくなりますよ!

 

湯シャンで臭わないコツ

さて、湯シャンで臭わないコツですが、まず大前提として、

・湯シャンを継続することで頭皮の皮脂量を減らす
・頭皮の常在菌をしっかりと育てる

……これら二つが大事です。

 

市販のシャンプーは非常に洗浄力が高いため、頭皮の皮脂をごっそりと取ってしまいます。
皮脂を失った頭皮は、それ以上に皮脂を出して頭皮を守ろうとします。

そのため、湯シャンを始めてしばらくは、頭皮は『毎度出していた皮脂量』をいつも通り出しているので頭皮がベタベタしがちです。

けれど湯シャンで、皮脂が頭皮に残る状態をしばらく続けていると、頭皮は過剰に皮脂を出すのをやめます。
そうするとベタベタもおさまるし、酸化する皮脂も減るためニオイは減りますね。

また、常在菌については石鹸シャンプーの記事でも書きましたが、頭皮には本来、常在菌――悪玉菌と善玉菌が共存しています。

 

しかし市販のシャンプーを使っていると、『防腐剤』などの化学成分によって、 その頭皮にいた善玉菌が死滅して少なくなってしまいます。

そうすると悪玉菌が頭皮にのさばり、雑菌やカビが繁殖しやすくなったり、悪臭が発生したりします。

このように見ると、シャンプーによって、常在菌の死滅・皮脂の過剰分泌が起こって悪循環になってるのがわかりますよね。

 

ちなみに石鹸シャンプーと湯シャンは善玉菌を死滅させることがないので、頑張って続けていれば次第に頭皮の常在菌のバランスが戻ってきます。すると、どんどん頭皮が臭わなくなっていきます。

これが石鹸シャンプーと湯シャンが良いという理由です。

 

とはいえ、晴れて湯シャンが成功したとしても、頭皮が全くの無臭になるわけではありません。

近付いてニオイを嗅げば、少なからず皮脂のニオイはします(石鹸シャンプーをしていれば大分抑えられますが)。

けれど、シャンプーをしている人の頭皮のニオイはシャンプーのニオイでごまかされているだけで、実は結構臭っています。

 

ブラッシングは必須・ニオイ対策にも

また、頭皮環境が改善する前でも後でもブラッシングは必須ですね。

■関連記事
頭皮ブラッシングで肌ツヤツヤ!顔のたるみと髪にも効果的な方法

湯シャンを初めて間もないころはニオイが気になると思いますので、そんな時もブラッシングをすることでニオイを抑えることも出来ますよ。

 

また、油っこいものを食べすぎないのも大事です。

やはり、人間の体というのは食べたもので出来ているんですよね。

なので油っこいものを食べすぎている人は、頭皮の皮脂もネトネトした油っこいものが出ている可能性があります。食べ物も見直すのが大事ですね。

 

湯シャンに発毛効果は?ハゲ・薄毛に希望の光?

あなたも気になっているかもしれない、

『結局湯シャンはハゲるの?それとも発毛効果があるの?』という問題――
私自身は頭皮環境が改善されたことで増毛効果があったと実感していますが、もしもあなたが脂性なら湯シャンオンリーだと危険かもしれません。

 

この場合の“脂性”は、『シャンプーが原因で頭皮の皮脂が多くなっているのではなく、元々の体質として脂性の場合』です。

というのも、元々の脂性だとしたら、湯シャンオンリーにしてしまうとどうしても頭皮が油っぽくなり毛穴が詰まり、抜け毛が増える危険性があるかもしれないからですね。

その場合は石鹸シャンプーを並行してやるか、少し熱めのお湯で洗髪するとマシになるかもしれません。

 

湯シャンをする芸能人・セレブ達

湯シャンは芸能人でもやっている人たちがいます。

湯シャンをしている人たちがみんな口々におっしゃるのは、『洗いすぎは良くない』ということですね。

例えば日本だと福山雅治さんタモリさんがそうです。
この二人は体を洗う時も石鹸やボディソープなども使っていないそうですよ。

海外のハリウッドセレブではミランダ・カージェシカ・シンプソンなどもそうです。

欧米では脱シャンプーのことをノー・プー(No Shampoo)と言うのだとか。

 

他に、湯シャンというわけではないですが、『髪の洗いすぎは良くない』ということで、タレントのYOUさんも週一でしか髪を洗っていないそうです。

あのふわっとしたスタイリングを見て、まさか週一のシャンプーだなんて思いもしませんよね。

 

湯シャンのまとめ

まとめると、湯シャンは、成功していても完全に無臭にはなりません。
鼻を頭皮に近づければやはり皮脂のニオイはします。

 

けれど、たまにネットで見かける、
『湯シャンしてる知人がいるけど臭い!
湯シャンをしてる奴は本人は臭くないと思ってるけど全員臭い!』
という意見は間違っていると思います。

 

まぁその知人の方は本当に臭いのでしょうが(笑)、

毎日お湯で洗髪しているのに漂うほどの臭いが発生しているとしたら、
かなり初期段階なのか、やり方が間違っているか、もしくは体質的に脂性なのに自分に合った臨機応変なやり方が出来ていないのでしょう。

 

ニオイをまき散らさないためにも、まずは石鹸シャンプーと並行して湯シャンに挑戦していきましょう。

そしてその後、ほぼ湯シャンでも大丈夫なくらいの皮脂量になったら、石鹸シャンプーより洗浄力がやさしい塩浴(塩湯)での洗髪を取り入れるのも良いです。
参考記事⇒塩浴で肌が生まれ変わる!顔や髪にも効果抜群な理由とやり方をご紹介

見た目年齢を若く魅せるには肌がきれいなことが重要です。

頭皮は顔の肌と一枚皮でつながっているため、その頭皮環境が悪ければ顔にもたるみなどになって影響が出てきます。

逆に言えば、頭皮環境が良くなれば、顔にも良い影響が出るわけです。

必ずしも湯シャン・石鹸シャンプーにしなければいけないわけではありませんが、今一度、自分の体や常在菌たちと向き合ってみてはいかがでしょうか。

 

今日も記事を読んでいただいてありがとうございました。
この記事が役に立った、面白かったときはシェアやブックマークお願いします♪

★こちらの記事もおすすめ
洗濯用洗剤なに使ってる?美肌を目指すあなたに合成洗剤がダメな理由
吹き出物(大人ニキビ)が絶対治る簡単すぎる方法!顎ニキビ撲滅計画

ゆるねこ&ゆるくまLINEスタンプリンク用