交通量調査のバイトに持っていくべきもの・注意を経験者が語ってみる

交通量調査のバイトに持っていくべきもの・注意を経験者が語ってみる
スポンサーリンク

先日、初めて『交通量調査』のバイトを経験しました。
たまに道で見かける、車や人の数をカチカチと計測しているあれですね。

交通量調査でカチカチ数えるカウンター数取器
(数取器(かずとりき)っていうらしいです)

7時から19時まで拘束(実働は8時間)で1万円のお仕事です。

男の人が多いのかと思いきや、私が参加した時は男女半々くらいで女の人も結構いました。

今回は、このバイトを経験して気付いた、持っていくべきもの・注意などを紹介してみようと思います。

スポンサーリンク

交通量調査バイトのメリット・デメリットは?

◆メリット
・仕事自体は単純で、黙々と仕事するのが苦じゃないなら楽チン
・メンバーとは合間合間で話すくらいなので気楽
・即金が手に入る・バイトにしては割と高額

◆デメリット
・朝が早く拘束時間も長い
・真冬(真夏)は絶対にキツい…
・雨も最悪・天候によって楽さが変わる
・ロクな休憩場所がない場合も多いが、休憩時間が多い

 

メリットについては書いてある通りです。
私は黙々と仕事をする方が好きなので、集中してくると無心になって出来たので楽でした。
けれど、交通量の多い場所の担当になってしまったらかなり慌ただしいかもしれません(笑)

デメリットについては詳しく説明します。

LINEスタンプゆるねこ一揆

 

朝が早く拘束時間も長い

仕事自体は7時からでしたが、集合は6時だったので、私は5時45分くらいには到着してました。
(でも割とギリギリに来る人やちょっと過ぎる人もいました 笑)

そして給料は実働8時間で1万円なので一見多いように感じますが、、、
6時集合の19時終わりということで、拘束時間は実質13時間以上。。。
対・拘束時間で考えるとあまり割に合っていない気もします(笑)

しかも私たちの時は、19時終了のはずなのに30分くらいにまで車のお迎えが来ず、さらに30分拘束時間が増えました( ’▽’)アハハハハ

真冬(真夏)は絶対にキツい…

前述のとおり、私は10月中旬にバイトをしましたが、雨だったせいもあり、かなり底冷えしました。

これで真冬になると、冷え性の人はかなり地獄だと思います…(笑)

また真逆の真夏は、それはそれでかなりキツそうです。。
暑さもそうですが、紫外線もヤバそうですよね。

雨も最悪・天候によって楽さが変わる

前述のとおり、私のバイトの時は雨時々曇りという感じだったのですが、時折ある曇りの時の仕事のしやすさったらなかったです…!!!

雨が降っていると何が面倒かって、私たちは10分おきにそれまでの数取器の累計数を紙の表に記入しなくてはならなかったのですが、、、
その紙を挟んでいるバインダーが雨に濡れないように透明のゴミ袋に入れているもんだから、書きにくくてしゃーない…てか気を付けても紙がどんどん湿ってくるという……

メンバーの中にベテランの女性がいたのですが、バケツをひっくり返したような雨の時もあって、それもまた地獄だったようです。

雪も同じようにやりにくそうですね。寒さも増しますしね……

ロクな休憩場所がない場合も多いが、休憩時間が多い

担当場所によっては良い休憩場所があるかもしれませんが、おそらく大抵の場所はロクな休憩場所がないと思います。

私たちが担当した場所は近くにコンビニがあるだけの住宅街近く。
そのコンビニも3~4人が座れるコーヒー休憩スペースくらいしかなく、長居はしにくいような状態でした。

休憩時間は結構多く、2時間おきに1時間の休憩がある感じ。

私の時は幸運にも、前述のベテランの女性が『私の車で休憩していいよ』とキーを貸してくれたため事なきを得ましたが、、、
もしもそれがなければ雨の中、座る場所もコンビニくらいしかない状態で長い休憩時間を過ごさなくてはならなくなるところでした。

なので、もしも私がまた交通量調査のバイトをするなら、折り畳みの簡易イスなどを持っていこうかと思っています。
LINEスタンプゆるくま無双
 

交通量調査で絶対に必要なもの

・時計(腕時計)
・天候や季節によっては防寒具・雨具(傘は不可)・夏なら暑さ対策のもの
・ハンコ
・簡易な折りたたみイス
(※人によっては要らないかもしれませんが、私が次やるなら持っていきます)

 

まずは時計。
とりあえず時計は必ず必要です(持ち物リストにもあるかと思います)(スマホはNG)。
場所にもよりますが、10分おきに数取器の数字(累計)を表に書き足していく場合もあるので、時計がないと効率が悪いです。

また、雇用先によってはアナログ時計・デジタル時計の指定があるようです。
…が、私のところは『秒針付きのもの』という指定がありましたがデジタルしか用意できず、それで行きましたが特にチェックはありませんでした。

 

そして防寒具・雨具など。
ちなみに私が交通量調査をしたのは10月半ば・天気は雨時々くもりでした。
もしもカッパを忘れたら悲惨なことになっていたのは確実でした(笑)
天気予報がくもりだったとしても、降水確率0%じゃないならばとりあえずカッパは持っていきましょう…!
(手が濡れて寒いので薄手のゴム手袋なんかもあったら良いかもです)
(カバンを雨から守るための袋なども念のためにあった方が良いです ←私の時はもらえました)

交通量調査はじっと座っているので、10月とはいえ、天候が崩れていると思った以上に底冷えしてきます。
脱ぎ着できるものを持って行って、寒さに震えることのないように気を付けてくださいね。
LINEスタンプゆるくま無双
 

そしてハンコ。
ハンコがないとお金を即日で受け取れません(多分、後日振込になるのかと)。
雇用先がシャチハタNGと言っている場合は朱肉も忘れずに。

 

最後に折りたたみイス。
これは、前述のデメリットの『ロクな休憩場所がない場合も多いが、休憩時間が多い』のところに書いた通りです。
私が次またこの仕事をするならとりあえず持っていくと思います。
休憩時間にロクに座る場所もなかったら悲惨です。。拘束時間長いしね…!!

交通量調査で必要なもの・注意のまとめ

交通量調査は即金で割と高額のお金を稼げる代わりに、拘束時間は長く意外と疲れる仕事です。
今回の私の記事が、これから交通量調査に初挑戦するあなたの参考になりますように!!!

ゆるねこ&ゆるくまLINEスタンプリンク用