パーソナルカラー診断ブルベ夏のあなたに似合う色やメイクの特徴

パーソナルカラー診断ブルベ夏のあなたに似合う色やメイクの特徴
スポンサーリンク

私・ゆのすけは去年の今頃、しろみそと一緒にパーソナルカラー診断を受けに行きました。
あなたはパーソナルカラーというものをご存知ですか?

細かい説明は検索してもらったらわかると思うので省きますが、簡単にいえば 自分を綺麗に魅せてくれる色といったところです。

それは一人ひとり違っていて、生まれた時から年をとってもずっと変わらないと言われています。

パーソナルカラー春夏秋冬それぞれに似合う色・色見本

パーソナルカラーは基本的には4種類あり、それぞれ春夏秋冬で分けられています。

パーソナルカラー春夏秋冬色見本

出典:株式会社AIS

 

このように、春夏秋冬それぞれ似合う色が違います。

 

ちなみに、私たちの診断結果はというと、なんとふたりともパーソナルカラー夏(サマー)タイプ。

夏タイプが似合う色は、この画像で見たら分かる通り、全体的に少し白色が混ざったような、ソフトな色が多いです。

この中でも、私たち2人は特にクリアなパステル系が似合うタイプで、濃い色はあまり得意じゃないとのことでした。

このように、ひとくちに『夏タイプ』と言っても、私たちのようにあまり暗い色は似合わないタイプなど、様々なパターンがあるんですね。

パーソナルカラー夏の特徴とは?

 

以下、参考までにパーソナルカラー夏タイプの私たちの診断結果を書いていきますね^^

・似合う色のベースカラーは、紺・グレー・オフホワイトなど
・青は赤みを帯びた青で。
・青味強すぎる赤はだめ
・ピンクと水色とラベンダーが似合い、グレイッシュな色・スモーキーな色も良い
・黄味の強い色はだめ(オレンジやコーラルピンクなど)
・髪色は赤茶やココア色などの黄味のない色
・ベージュピンクやパステルカラーが似合う

・アイメイクは水色やラベンダー色などがおすすめ
・化粧はふんわりパウダリーに。ふわっとさせるイメージ
・粉を均一に振りかける感じで、ピンク味を帯びたファンデで。ブラシでつけるといい感じ
・テカってもだめ。スポンジで押し付けるようなマットなのもだめ。一つの箇所にポイントをおき過ぎず、全体のバランスを考えナチュラルに
・セミマットな肌で、下から白さを抜けさせる感じ。透明感。
・ラメはだめ。パールはOK

・アクセはプラチナと銀色が◎。ゴールドはあまり良くないがピンクゴールドならまだ良し。

 

このような感じですね。

 

また、ほかのサロンではベストカラーやワーストカラー?などを教えてくれるところもあるようですが、私たちの行ったサロンは、このカラーです!と一つ二つをあげるようなことはなかったです。

けれど、後日メールでお伺いしたら『全体的に明るめの色が良い』と教えてもらえました。
(当日でも、自分から聞けばきっと教えてもらえるはず)

でも顔周りに比較的明るい色を持ってくれば、ボトムスには暗めの色でもOKなので、全然問題はないですね。

 

パーソナルカラー夏の、似合う色似合わない色比較

 

パーソナルカラー夏のタイプの人は、

秋色は顔色が黄色に濃くなり、冬色は顔色が悪くなるのだとか。

 

それを試した画像がコチラです。

左が夏のピンクで、右が冬のピンクになっています。
パーソナルカラー夏の似合う色似合わない色(冬は肌が負ける)
(画像内に書いているURLは以前のブログのものです 笑)

これは同じ日に、窓の光源で撮ったものです。
右だけ見た時は特に何も思わないかもですが、左の血色感と比べるとやっぱり右の方は血色が悪いように見えると思います。

 

パーソナルカラー冬&秋の色に以前から感じていた違和感

 

冬色が自分には似合わないなーというのは昔から感じてたので納得でした。

黒色の服も持ってはいたけど、なんか顔色が悪くなるし、不健康な雰囲気に。。。
なのでその服を気にいるはずもなく、せっかく買ったしな……と惰性で何度か着る程度。笑

 

また、すごくビビットな色遣いの青みピンク(上の画像に近いかも)のニットワンピを買ったときのこと。

これを着るとものすごく顔が白くなってました。……というか恐らく白を通り越して顔色が悪くなってたと思います。笑
冬って上にコートを着るので、その状態では顔色の悪さは気にならなかったんですが、夏服で着てたらかなり目立ったでしょうね。

 

数年後、パーソナルカラーを受けた私は、『あのビビットなピンクの服、私には合ってなかったみたい』と母に言ったら、「あーあれな。ゆのすけ、似合わない色の服買ってきちゃってるなーと思ってた」と言われました。笑

そんとき言ってよ……! と思いつつも、ああやっぱり母は子供をよくわかっているなと思った出来事でしたね。
また、その頃はがっつり秋色なカーキのモッズコートを愛用していました。

その頃はそれを着ていても全く違和感なんてなかったんですが、、、
夏色着用時の自分の肌色の綺麗な映え具合を知った後、久しぶりにそのモッズコートを着てトイレの鏡を見てみたら、自分の顔が黄色くくすんでてびっくりしました。笑

 

パーソナルカラーに縛られすぎず、綺麗になろう

 

診断を受けて、もうだいぶ経ちます。
パーソナルカラーやパーソナルスタイルなど、自分なりに色々調べて試して吸収していった結果、そこまで絶対夏の色で!!という風に固くならなくてもいいのかな?と思っています。

私たちは、どちらかというと明るくやさしい色合いがベスト、という感じで、明るくきつすぎないパステルカラーなら冬の色や春の色でもいいんだと思います。

でも個人的に思うのは、やっぱりピンクは春秋の色である『コーラル(サーモン)ピンク』より、夏の色である『桜色のピンク』の服のほうが肌がきれいに見えるなということ。

コーラル気味になると、どうしても肌に若干の黄味が増して、せっかくのコーラルピンクの綺麗な色が引き立たない感じがします。
だから、やっぱり夏の色がベストなんだなーと再確認する日々です。

LINEスタンプゆるねこ一揆

■こちらの記事もおすすめ■

ブラッシングはメイソンピアソン!その効果とオススメ理由をレビュー
肌断食が美肌効果アリの理由【経過画像付】乾燥・ニキビ・毛穴知らず

ゆるねこ&ゆるくまLINEスタンプリンク用

スポンサーリンク