しろみそ、2015年10月の読書まとめ

しろみそ、2015年10月の読書まとめ
スポンサーリンク

2015年10月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:1473ページ
ナイス数:26ナイス

暮らしがきほん―「わたし」として生きるチカラ53のヒント

暮らしがきほん―「わたし」として生きるチカラ53のヒント暮らしがきほん―「わたし」として生きるチカラ53のヒント感想
幸せとは、大きさよりも集めた数が大事なのかもしれない。夢を追うのもいいけど、小さな幸せを集めていきたいと思った。関係ないけど、私も88歳まで生きられるよう頑張ろうと思う。
読了日:10月31日 著者:堀川波

ポトスライムの舟

ポトスライムの舟ポトスライムの舟感想
「12月の窓辺」の感想。先に読んでいた津村さんの対談で実体験が元になっていると書かれていたので、自分にもこんなことが起こったらと想像して苦しみながら読んだ。どんなに苦しい境遇だとしても、人を理不尽に傷つけたり怯えさせていい理由にはならないはず。これはV係長に対してもナガトさんに対しても思ったことだ。正しいと信じてそれをするV係長は破滅してしまえと思うけど、ナガトさんのような人には、そんなことをしなくてもしっかり立っていられるように手を差し伸べる人がいてくれたらいいのにと思った。
読了日:10月27日 著者:津村記久子

計画と無計画のあいだ—「自由が丘のほがらかな出版社」の話

計画と無計画のあいだ---「自由が丘のほがらかな出版社」の話計画と無計画のあいだ—「自由が丘のほがらかな出版社」の話感想
出版界のいろいろなしがらみを知ることができた。ミシマ社の本に今後注目したいと思う。
読了日:10月20日 著者:三島邦弘

学び続ける力 (講談社現代新書)

学び続ける力 (講談社現代新書)学び続ける力 (講談社現代新書)感想
いつでも学び続けてきたからこそ、今の池上さんがあり、そこにとどまらずこれからも学び続けていく、そんな池上さんの思いを知ることができた。
読了日:10月16日 著者:池上彰

考えるとはどういうことか (知のトレッキング叢書)

考えるとはどういうことか (知のトレッキング叢書)考えるとはどういうことか (知のトレッキング叢書)感想
言葉の意味は移り変わり、絶対にひとつとは限らないこと、私益だけを追い求めるのではなく長期的な視野を持って物事を判断することを覚えておきたい。
読了日:10月14日 著者:外山滋比古

聞く力―心をひらく35のヒント (文春新書)

聞く力―心をひらく35のヒント (文春新書)聞く力―心をひらく35のヒント (文春新書)感想
著者の阿川さんがインタビューの際に気をつけているポイントをまとめた本。相手のテンポを大事にすることや相槌の打ち方など、インタビュアーでなくても参考になる点は多かった。
読了日:10月11日 著者:阿川佐和子

アンソロジー おやつ

アンソロジー おやつアンソロジー おやつ感想
おやつについて、エッセイを中心にまとめたアンソロジー。思いつくままにサラサラと書いていそうな作品も多く、退屈な作品と楽しく読める作品とが半々という感じだった。時々挟まる写真がどこかノスタルジックな感じで可愛かった。
読了日:10月2日 著者:阿川佐和子,阿部艶子,江國香織,尾辻克彦,開高健,角田光代,木皿泉,久住昌之,久保田万太郎,幸田文,小島政二郎,酒井順子,荒川洋治,佐藤愛子,獅子文六,柴崎友香,東海林さだお,武田百合子,辰野隆,種村季弘,團伊玖磨,筒井ともみ,長嶋有,安野モヨコ,中村汀女,蜂飼耳,林望,藤森照信,古川緑波,三浦哲郎,南伸坊,向田邦子,村上春樹,森茉莉,池波正太郎,森村桂,矢川澄子,伊集院光,五木寛之,井上靖,内館牧子,内田百けん

読書メーター

新作スタンプ「ゆるくま無双」リリースしました!

ブログの記事を充実させるためにも、映画の感想なんかも書きたいなぁ。

ゆるねこ&ゆるくまLINEスタンプリンク用

スポンサーリンク