洗濯用洗剤なに使ってる?美肌を目指すあなたに合成洗剤がダメな理由

洗濯用洗剤なに使ってる?美肌を目指すあなたに合成洗剤がダメな理由
スポンサーリンク

こんにちは、ゆのすけです 😀

あなたが毎日の洗濯で使っている洗剤はどんな洗剤ですか?

アタッ◯、トッ◯などなど……ドラッグストアには様々な洗濯洗剤があり、
柔軟剤も良い香りのものがたくさん出ていますよね。

 

しかし! その洗剤、肌に良いものなのでしょうか?

あなたが美肌でいるためには、その洗剤を使わないほうが良いかもしれません……!?

今日は洗剤の話と、美肌の話を絡めてお話していきたいと思います。

 

“石けん”と“合成界面活性剤”

 

まずはじめに、洗剤にはどんな種類があるのかをご説明します。
洗剤とは『界面活性作用のあるもの』を言い、それを総称して『界面活性剤』と呼んでいます。

『界面活性作用がある』とはどういうことかというと、水と油のように、本来は混ざり合わないものを混ざり合わせる(乳化させる)事のできる働きがあるということです。
その作用があるおかげで、衣服に付いた皮脂(油)や、食器の油汚れを落とすことが出来るわけですね。

 

そして一般的に、界面活性剤を大きく分類すると、下のように分けられます。

界面活性剤と合成界面活性剤と石けん

このように、一般的に洗剤(界面活性剤)は『石けん』と『合成界面活性剤』に分けることが出来ます。

合成界面活性剤とは、いわゆる『合成洗剤』のことで、トッ◯やアタッ◯などの洗剤のことです。

 

どちらも洗浄力は強いですが、肌のためを思うなら、合成洗剤を使うことはおすすめしません。

なぜなら、合成洗剤は、成分の合成を繰り返していった結果、肌に毒性がある化学物質として仕上がってしまったからです。

どういうことか説明しますね。

 

一般的に『合成洗剤』は、石油から作られるものが多く、複雑な化学合成を繰り返していきながら洗剤としての洗浄力を作り出しています。

最近では石油ではなく、天然油脂を原料にしているものもあるようですが、どちらにせよ複雑な化学合成を繰り返した結果、自然界には存在しない毒性のある化学物質が作り出されているわけです。
(参照:シャボン玉石けん
もちろん、いくら化学物質だとはいえ、きちんと洗い流すことが出来ればそこまでの脅威はありません。
しかし合成洗剤は、その性質上、どうしても洗い残しが出てくることが多く、衣服やタオルに毒性の化学物質が残留してしまいます。

なので、合成洗剤での洗濯は、肌に刺激になる可能性が高いのでおすすめできないんですね。

 

しかし、石けんは違います。

石鹸の中でも特に純度の高い『純石けん』は、油脂(牛脂、米ぬか油など)と、苛性ソーダ(もしくは苛性カリ)を反応させて作られるもので、100%天然素材のもので作られています。

しかも石けんは合成洗剤とは違い、少しくらい洗い残しがあったとしても肌にとって毒性がないのです。

それはなぜなのか? ご説明します。

 

スポンサーリンク

石けんで洗ったタオルは肌にやさしい

石けん洗濯は赤ちゃんの肌にもやさしい

 

なぜ石けんが安心なのかというと、石けんが界面活性作用(洗浄作用)を発揮するのは、水分が含まれて泡立った時だけだからです。

 

石けんはひとたび水で薄まると、その界面活性剤としての働きが失われます。

もっと分かりやすく言うと、石けんは水で薄まると汚れを落とす力がなくなるということです。

しかも元々が自然由来の成分で作られた石けんなのもあって、少しくらいすすぎ残しがあったとしても肌には特に心配ないというわけですね。

 

それに対し、合成洗剤は水で薄まったくらいでは界面活性作用はなくなりません。

なので、たとえ洗濯のすすぎに気をつけていても、どうしても成分が残留してしまうことが多くなります。

しかもそれらは毒性のある化学物質なため、そういった成分はやはり肌にとっては刺激になってしまうんですね。

 

粉石けんでの洗濯は炭酸塩入りを選ぼう

 

ちなみに、粉石けんでの洗濯は、成分表示のところに『炭酸塩』が含まれているものを選びましょう。

石鹸素地のみの粉石けんは、洗濯に使うとなると少しアルカリ性が弱いんです(肌に使う分には純石鹸のアルカリ度で十分ですが)。

炭酸塩はアルカリ性が石けんよりも強いため、これが添加されているものは洗濯に十分な力を発揮します。

ちなみに、『炭酸塩』は毒物とか化学物質とかではなく、普通に地球上に存在する物質なので、それが“添加”されていても全く問題ありませんのでご安心を^^

 

私が使う洗剤:石けんとセスキ炭酸

 

ちなみに私自身は、洗濯は粉石けんか液体石けん、もしくはセスキ炭酸などを使っています。

 

セスキ炭酸は、石けん(洗濯用)に比べるとアルカリ性が弱くなっています。

なのでそこまで汚れていないような、ちょっとした皮脂汚れの洗濯物くらいなら『セスキ炭酸』レベルのアルカリ性でも十分汚れは落ちますよ!

 

 

洗濯用洗剤は石けんが良い理由のまとめ

 

今日は美肌のための洗濯洗剤の話でした。

 

石けんは合成洗剤に比べたらとっても肌にやさしいものです。

石けんでの洗濯はやりづらいイメージがあるかもしれませんが、
とりあえずきちんと最初に溶かして撹拌し、泡立ててから洗濯をスタートさせれば特に問題なく成功できると思います。

(でも合成洗剤から石けん洗濯に移行する!という場合は、一度検索などして注意事項などを見たほうが良いかもです)

(また、お住いの地域の水が硬水気味の場合は石けんでの洗濯はかなり高難易度になるかもしれません…… 🙁 )

 

……と、色々と言いましたが、

いかに肌に負担をかけず、肌にとってやさしい生活を心がけるかが、肌年齢を若く保つ秘訣です。

肌が綺麗だと見た目も若く見えます。
その最大の武器を手に入れるため、私たちは行動を積み重ねていかなければいけません…!

頑張っていきましょう:D

 

今日も記事を読んでいただいてありがとうございました。
この記事が役に立った、面白かったときはシェアやブックマークお願いします^^

★こちらの記事もおすすめ
肌を綺麗にするただ1つの方法・皮膚常在菌で肌荒れ乾燥のない美肌に
石鹸シャンプーの危険性・デメリットは?かゆみやハゲ・薄毛への影響

ゆるねこ&ゆるくまLINEスタンプリンク用